PAGE TOP

公開日:2020.05.21

更新日:

アニメーションを作るには?

Web制作

Tags
aftereffects
animation

皆さんこんにちはデザイナーのmotokiです。

今回はアニメーションを作るにあたってどう勉強すれば良いのか、オススメの勉強方法について書きました。
前回webにアニメーションを実装する方法を書きますと言っていたのですが、まずアニメーションを作る方法を知らないと元も子もないということで、今回はAfter Effectsというソフトのことを話すのを前提に、勉強方法についてお伝えできればなと思います。

まず初めに

ロゴアニメーションを作るにあたって使用するソフトは現在たくさんの種類がありますが、僕はAfter Effectsをオススメします。
なぜなら世界で一番使われているアニメーション作成ソフトであり、他のソフトととの互換性も高いです。
テンプレートやプラグインの数も多く、そしてチュートリアルや参考本など独学のために必要な情報をすぐ調べることができます。

After Effects単品の購入はこちらから、2,480 円(税別)です。
https://www.adobe.com/jp/products/aftereffects.html
Illustratorとの連携作業をすることも多いのでコンプリートプランもオススメです。
https://www.adobe.com/jp/creativecloud/information/single-to-complete.html

基礎知識

After Effectsを使おう!と思って開いたら何やらわからない作業スペースや用語を見て戦意喪失した人も多いと思います。
一部Photoshopに似た要素もありますが当然映像作成ソフトなので新しい用語や機能もあります。
ということで最初はAfter Effectsの公式チュートリアルを見ましょう。基本操作から初級、中級のアニメーションまで公式がチュートリアルを出しています。
用途に合わせてカテゴリー分けされていますので、必要なチュートリアルを見ましょう。基本的には英語ですが字幕がついているので大丈夫です。
あとAfter Effectsを開きウィンドウの学習からソフト内でチュートリアルを開始することもできます。

おすすめチュートリアル

先ほどの公式のチュートリアルで基礎的な部分を学んだら応用編としてもっとクリエイティブなことをやってみましょう。
After Effectsは公式も動画でチュートリアルを出している通り、動画でのチュートリアルが一番覚えるのにわかりやすく効率的です。
そこで今はYouTubeでのチュートリアルがたくさん出ているのでオススメのYouTubeチャンネルを紹介します。

mooograph

割と最近できたばかりのチャンネルで現在流行りの平面的な2Dアニメーションやキャラクタアニメーションを中心にチュートリアル動画を投稿されています。
2D表現のシェイプアニメーションやキャラクターアニメーションでは動きの強弱をつけるイージングやプラグインの紹介もたくさんしているのでぜひ参考にしてください。

サンゼ/ SANZE STUDIO

映像制作の現場のプロがチュートリアルを投稿しているチャンネルです。
After Effectsはその名の通りたくさんのエフェクトがあります。エフェクトで動画を作ると言っても過言ではありません。
そのエフェクトを結構詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

ダストマンTips

こちらも映像制作のプロが投稿しているチャンネルです。
幅広いジャンルを投稿していて、ロゴアニメーションや実写合成、そのほかにも映像制作にあたっての機材や
素材などの配布も多数やっているのでご覧ください!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
自分も会社に入る前はアニメーションや映像に関しての知識は皆無で、現在1年ほどAfter Effectsを触ってきましたがやっと自分の思っているものを作れるようになってきたと思います(まだまだ未熟ですが)。
今回ここに載せたものや他の参考文献などをみながら勉強したので皆さんもご参考ください。
今回はアニメーションを作るにはどうすれば良いかについてお話ししました。
次回はロゴアニメーションを作ってwebで実装させる方法を紹介したいと思います!

monomodeではアニメーションや映像製作もできるデザイナーを募集しています!詳しくはこちら→
monomodeリクルートサイト
AD JOURNAL