PAGE TOP

公開日:2020.06.18

更新日:

【WordPressテーマ作成】PHPの使い方をマスターしよう!(初心者向け)

プログラミング

Tags
php
wordpress

はじめまして!SFです。

SF映画は全くと言っていいほど見ませんが、SFと申します。

今回初めて記事を書きます!

では、早速本題に入りましょう。

 

HTMLとCSSで作った静的サイトをWordPressのテーマとして作成するときに

HTMLの一部記述をPHPに書き換える必要があります。

 

今回は、

「PHPとは何か」そして「どのように記述すれば良いのか」

初心者の方向けにお話ししていこうと思います。
※尚、今回はWordPress用のPHPの書き方をお伝えしていきます。

 

HTMLやCSSは理解している前提で、「PHPってどんなもの?」くらいの知識の方に向けて書いていきますので、

WordPressのテーマ作成の手順やファイルの仕組みなど、

大枠を理解した上でお読みいただければ幸いです。

 

PHPとは?

HTMLの中に記述できる言語で、PHPを使うと動的なコンテンツを生成することが可能になります。

「動的なコンテンツ」がピンとこない方に簡単に説明すると、

 

【日付を表示したい時(2020年6月10日に生成した仮定)】

・HTMLの場合

<p>2020年6月10日</p>

HTMLだと、直接書いた日付がそのまま表示されます。

そのため、例えばお知らせの投稿など、投稿日を自動で表示させたい時に毎回HTMLの日付を記述を書き換えなくてはなりません。

 

・WordPress用のPHPに書き換えた場合

<p><?php echo get_the_date(); ?></p>

コード内の<? ~ ?>部分がPHPに書き換えた部分です。
PHPに書き換えることで、投稿日を自動で生成し、表示してくれます。

 

PHPの書き方

<?php
 print 'Hello Word';
 echo 'Hello Word';
?>

PHPは基本的にこの「<? ~ ?>」の囲みの中に処理を書いていきます。
上記で記述している、「echo」「print」とは、文字を出力する命令だと思ってください。

 

どんな時に書き換える?

上記でお話しした日付の他にも、様々な用途でPHPを活用することができます。

タイトル、お知らせ、商品説明、ブログなどの投稿部分など

活用方法は無限に存在します。

では、次から実際に使えるWordPressでのPHPの記述方法についてお話ししていきます!

 

条件分岐

条件によって処理を分けたい時に使用するのが「if文」です。
条件を満たす時と、満たさない時で分けて書きます。

書き方

<? php if (条件) : ?>
条件を満たす時の時の処理をここに記述
<?php else: ?>
条件に満たない時の処理をここに記述
<?php endif; ?>              //endifはここで終了という意味

特定の条件以外では何もしないというときは「else」を省略しても書けます。

<? php if (条件) : ?>
条件を満たす時の時の処理をここに記述
<?php endif; ?>

複数の条件分岐の場合

3つ以上の条件分岐になる場合は、elseifを使います。

elseifは何度使ってもOKです。つまり4つ以上の条件分岐も可能です。

<? php if (is_single()) : ?>
記事ページで表示する処理をここに書く
<?php elseif (is_page()) : ?>
固定ページで表示する処理をここに書く
<?php else: ?>
上記のどちらにも当てはまらない時の処理をここに書く
<?php endif; ?>

「!」を条件の関数の前につけることで、「◯◯でない時」という意味に

<?php if (!is_single()) : ?>
記事ページ以外で表示するものをここに書く
<?php endif; ?>

上記の「is_single()」は条件分岐タグで、「個別投稿ページで」という意味です。
条件分岐タグは無数にあり、様々なページに置き換えて記述することができます。

よく使うものを下記にあげておきます。

is_home()        //メインページ
is_page('ページID')   //固定ページ
is_archive()       //アーカイブページ
is_category()        //カテゴリー別の記事一覧ページ
is_single('投稿ID')   //個別投稿ページ(特定の記事ページ)
is_singular()        //記事ページもしくは固定ページ

複数のページで処理したい時は、配列(array)を使います。

is_single(array('投稿ID','投稿ID'))

while文

while文は、ループ処理を行うためのPHP構文で、

条件を満たす時だけ処理の実行を繰り返すという文法です。

WordPressのデータから取り出した投稿・固定ページを1件ずつ表示させる時などに使います。

表示させる記事の件数をそれぞれの記事一覧ページで異なる設定をしたい場合や、特定のカテゴリーの記事だけを表示させたい場合にも活用します。

書き方

<?php
  if(have_posts()):            //記事があるかを確認する
    while(have_posts()):the_post();   //記事があれば表示させループ処理を行う
     <h1><?php the_title(); ?></h1>   //タイトルを出力
     <div><?php the_content(); ?></div> //divの中に投稿の本文を出力
    endwhile;
  endif;
?>

上記の「have_posts()」は「記事があるかを確認する」という意味です。

使用例

上の例を活用して、実際に

「news」カテゴリーの記事を「5件」ループ表示させるように記述してみましょう!

$args = array(
  'posts_per_page' => 5,     //1ページに表示する最大の投稿数を指定
  'category_name' => 'news',   //ここでカテゴリーのスラッグを指定
);

$the_query = new WP_Query( $args );

<?php if ( $the_query->have_post()) : ?>
<h2>「news」カテゴリーの新着</h2>
<?php while ( $the_query->have_post()) : $the_query->the_post(); ?>
  <article>
<h1><?php the_title(); ?></h1>  //ここにタイトル(h1)
<?php the_content(); ?>      //ここに投稿の中身を表示
  </article>
    <?php endwhile; wp_reset_postdata(); ?>  //←これ重要!
    <?php endif; ?>

・「new WP_Query」は独自でカスタマイズしたループを生成し出力するための記述。
・「$the_query」や「$args」の名前は好きに決めることができます。
・「endwhile; 」の後の「wp_reset_postdate();」ですが、かなり重要!
→これはnew WP_Queryを使ったクエリを実行した後で、メインクエリに戻すために必要です。これが無いと、new WP_Queryを使ったクエリの影響が続いてしまいます。

 

いかがでしたでしょうか?

HTMLとCSSで静的サイトの構築はできるけど、

WordPressのテーマ作成はしたことがない!PHPにどう書き換えていいか分からない!

という方に向けて記事を書いてみました。

 

今回書いたものの他にもPHPを使用する場面は無限にあります。

テーマをどんどんカスタマイズしていきながら、地道に学んで身に付けていきましょう!

 

少しでも参考にしてもらえると嬉しいです。

monomodeリクルートサイト
AD JOURNAL