PAGE TOP

公開日:

C++ OpenGLで描画してみる (Mac向け)

プログラミング

Tags
C++
OpenGL

どうもおもちです!

みなさん東京五輪みました?

ソフトボール感動しましたねー

いやー柔道の兄妹で金メダルも感動しました、、、最高でした

できればせっかく日本でやってるので生で見たかった!

次のは五輪が見に行きたい!!

絶対いく

いくもん

 

話は変わってまあ現在はweb開発してるんですけど元々webに興味なかったんすよ笑

最初に入社したITの会社でもcとかc++やってました

なのでちょっと久々に書きたいなーと思ったので早速書いていきましょう!

今回はc++で書いていきますタイトルでもある通りOpenGL使ってwindowに描画していきます。

OpenGLなに?って方はこちら

https://ja.wikipedia.org/wiki/OpenGL

wiki参照してくれ!

めっちゃ簡単に言うとwindowに描画してくれるライブラリで

 

今回の目標はXcodeを使って環境構築して描画させるまで

Xcodeを開く

Create a new Xcode projectをクリック

macOSタブを選択してCommand Line Toolを選択してNext

Product Nameとか適当に決めてください

言語はc++で選択してNext

保存先を選択したらXcodeが開きます!

ここまでできたら

Build Phasesのタブを開いて

Link Binary With Libraries(0 times)を開きます

+ ボタン押してGLと検索

 

GLUT.frameworkとOpenGL.frameworkを選択してAdd

あとはmain.cppを以下に書き換えて実行!

ソースコードの解説は省略

するとヤカンが描画される以上

なんかこれで色々描画させていこうと思う

 

#include <iostream>
#include <OpenGL/OpenGL.h>
#include <GLUT/GLUT.h>
const GLfloat lightPosition1[4] = {0.0f,3.0f, 5.0f, 1.0f};
const GLfloat green[] = { 0.0, 1.0, 0.0, 1.0 };
const GLfloat lightPosition2[4] = {5.0f,3.0f, 0.0f, 1.0f};
const GLfloat red[] = { 1.0, 0.0, 0.0, 1.0 };
const GLfloat teapotAmbient[4] = {0.3f,0.5f, 0.0f, 1.0f};
const GLfloat teapotDiffuse[4] = {1.0f,1.0f, 0.3f, 1.0f};
const GLfloat teapotSpecular[4] = {1.0f,1.0f, 1.0f, 1.0f};
const GLfloat teapotShininess[4] = {20.0f};
void setup(void) {
    glClearColor(0.0f, 0.0f, 0.0f, 1.0f);
    glEnable(GL_DEPTH_TEST);
    glEnable(GL_LIGHTING);
    glEnable(GL_LIGHT0);
    glEnable(GL_LIGHT1);
    glLightfv(GL_LIGHT0, GL_POSITION, lightPosition1);
    glLightfv(GL_LIGHT0, GL_DIFFUSE, red);
    glLightfv(GL_LIGHT0, GL_SPECULAR, red);
    glLightfv(GL_LIGHT1, GL_POSITION, lightPosition2);
    glLightfv(GL_LIGHT1, GL_DIFFUSE, green);
    glLightfv(GL_LIGHT1, GL_SPECULAR, green);
    glMaterialfv(GL_FRONT, GL_AMBIENT, teapotAmbient);
    glMaterialfv(GL_FRONT, GL_DIFFUSE, teapotDiffuse);
    glMaterialfv(GL_FRONT, GL_SPECULAR, teapotSpecular);
    glMaterialfv(GL_FRONT, GL_SHININESS, teapotShininess);
}
void draw(void) {
    glClear(GL_COLOR_BUFFER_BIT | GL_DEPTH_BUFFER_BIT);
    glutSolidTeapot(0.5);
    glFlush();
}
void resize(int width, int height) {
    glViewport(0, 0, width, height);
    glMatrixMode(GL_PROJECTION);
    glLoadIdentity();
    gluPerspective(45.0,
                   (double)width/height,
                   0.1,
                   100.0);
    glMatrixMode(GL_MODELVIEW);
    glLoadIdentity();
    gluLookAt(-0.5, 2.1, 2.0,
              0.0, 0.0, 0.0,
              0.0, 4.0, 0.0);
}
void display(void){
    glClearColor(0.0f, 0.0f, 0.0f, 1.0f);
    glutWireTeapot(0.5);
    glFlush();
}
int main(int argc, char * argv[]) {
    // insert code here…
    glutInit(&argc, argv);
    glutInitWindowSize(600,600);
    glutInitDisplayMode(GLUT_SINGLE | GLUT_RGBA | GLUT_DEPTH);
    glutCreateWindow("Wire_teapot");
    glutReshapeFunc(resize);
    glutDisplayFunc(draw);
    setup();
    glutMainLoop();
    return 0;
}
monomodeリクルートサイト
AD JOURNAL