PAGE TOP

公開日:

Shopifyのリンクインバイオ「Linkpop(リンクポップ)」をご紹介!

ECサイト制作

Tags
ec
shopify

こんにちは。よこやまです!

ここ最近のShopifyのアップデートが凄まじいです。。!

  • メールオートメーション
  • 顧客のセグメント機能
  • Shopify Flowのプレミアムプランでの提供開始
  • Linkpopのツール発表

マーケティング機能が大幅強化になり大変喜ばしいですよね!
その中でも「Linkpopのツール発表」について紹介します。

まずlink in bio(リンクインバイオ)とは?

Linkpopのことを知る前に「link in bio(リンクインバイオ)」について知る必要があります。
「link in bio」とは、外部のWebサイトやSNSなどの複数のURLを1箇所にまとめ、共有できるツールのことです。
「link in bio」ツールで有名なツールはLinktree(リンクツリー)が挙げられます。

linktree
↑Linktree画面

上記のようにLinktreeを使用することで外部サイトやSNSをリンクさせLPのように集約することが可能となります。

Linkpop(リンクポップ)とは?

Shopifyは2022年3月22日(日本時間:3月23日)にリンクインバイオツールとして「Linkpop(リンクポップ)」を発表しました。

Linktree同様に、SNSやWebサイトなどをリンクすることができ、
LinkpopとShopifyを接続し、Linkpop上からスムーズに商品を購入できるようになります。

早速、プロフィール画面を作ってみた。

以下の手順で簡単に作成することが可能です。
(事前にShopifyアカウントをご用意ください)

①まずはLinkpopサイトへGO!

②ナビ右上の「Sign up free」クリック
signup

③メールアドレスを入力しShopifyアカウントでログイン

④「Create page」をクリック

⑤URL・プロフィール画像・プロフィール名・説明文を入力

以上の流れで簡単に作成ができてしまいます!


(2分で作ったプロフィール画面)

 

その後、「Links」タブから何を掲載するのかを選択し、直感的に作成することが可能です。(Linktreeよりも簡単でした。。)

・Add link:外部サイト・SNSへのリンクの作成・追加
・Add Shoppable link:掲載する商品をピックアップ

また、右上に「Analytics」とあるように、他のリンクインバイオツールと同様、分析ツールも一通りの機能が備わっています。

・セッション数:ページにアクセスした回数。
・リンククリック:ページに掲載されているリンクがクリックされた回数。
・セッションあたりのクリック数:セッションあたりのクリック数の平均。

想定されるシーンについて

どういった形で活用されるのか想定がしにくいですよね。
実はLinkpopはクリエイター(個人)を対象にしているサービスです。
(プラットフォームとしてのShopifyのメインのユーザーはマーチャント(事業者)が対象)

クリエイター(アーティストなど)がShopifyの専用店舗を持ちLinkpopページ内で
・直接商品を販売(ストアに行かずでOK)
・関連サイト・SNSの掲載
ということが簡単にできてしまいます。(便利)

私としては、「SNSでのインフルエンサーから受けが良さそう」という印象を受けました。また、最近ではチャネルが分散しがちですが、Linkpopを「玄関」としてあらゆるチャネルを1つに集約できそうですよね。

今後どう成長していくのかも期待して見ていきたいと思います!

monomodeリクルートサイト
AD JOURNAL