PAGE TOP

公開日:

オンラインショップのブログの書き方とは? | お客様のニーズを深堀りしよう

ECサイト制作

Tags
ec
コンテンツマーケティング
ブログ
ユーザーのニーズを深堀りするオンラインショップのブログの書き方とは

こんにちは。ECソリューション局のさいとうです。

ECサイトの制作・運用をお手伝いさせていただく中で、クライアント様によくいただくご相談が、「ブログの書き方」です。

今回は、ブログを書く時のコツを簡単にまとめてみました!

コンテンツを用意する重要性

実店舗でお買い物をするとき、店員の方に、お店が作られたときの想いや並んでいる商品についての豆知識などを聞くことはありませんか?

そんなとき、熱意を持って話す店員の方やお店そのものに魅力を感じたり、ファンになってしまう経験がある方もいるのではないでしょうか。

このような実店舗での購入体験を、ECサイトではリアルタイムに行うことができません。

そのため、ブログやSNSなどのコンテンツで情報を発信しすることで、実店舗に近い体験を提供し、目的の商品があるとき以外でも、サイトに足を運んでもらう工夫が必要となります。

ブログやSNSなど、商品詳細以外のコンテンツを配信しているECサイトを「メディアEC」と呼びます。

書き方のコツは?

ターゲットを設定しよう

まずは、ブログを「誰に」読んでもらいたいのか考えます。ターゲットの性別や年齢だけではなく、どういった悩みやニーズをもった人がサイトを利用したいと考えてくれるか、といったところまで深堀りしてターゲットを設定することで、内容の濃いコンテンツを制作することができます。

ここでポイントとなるのは、購入につながりやすいターゲットを設定することです。

例えばキャンプ道具を販売するサイトの場合、キャンプ未経験者よりもキャンプ経験者をターゲットにすることでつながりやすい可能性があります。

そのため、性別や年齢の他にも、キャンプ経験者をターゲットに絞り込みます。

検索意図を考えよう

それでは次に、絞り込んだターゲットがどういった検索意図をもっているのかを考えましょう。

検索意図とは、GoogleやYahooなどの検索エンジンでユーザーが検索をした際に、その検索ワード(クエリ)を入力した目的のことを指します。

サジェストキーワードを参考にしよう

検索意図を具体的に調べる上で、サジェスト機能を利用サジェスト(検索)キーワードとは、検索窓に調べたいキーワードを入力したときに自動的に表示される検索候補のことを指します。

「キャンプ道具」を検索してみるとこのような結果が表示されました。

例えば一番上の「キャンプ道具 収納」では、キャンプを趣味としている人がいつの間にか増えてしまったキャンプギアをどのように収納したらよいか悩んでいることが伺えます。

この悩みを深堀りしてみると、検索意図が具体的に見えてきます。

・キャンプ用品を正しく収納することで得られるメリットを知りたい

・キャンプ用品を上手に収納するコツを知りたい

・収納する際にどのようなことに気をつけると良いのか知りたい

といったことが予想できます。

このキーワードを一括で取得できるツールなどもありますので、ぜひご活用ください。

他にもキャンプを趣味にしている知人などからリアルな声を聞くことも大切です。

見出しを決めて記事を書いていこう

ここまでターゲットの検索意図を導き出すことができたら、あとは答えていくだけです。

検索意図をブログ記事の構成として置き換えます。

①キャンプ用品を正しく収納する重要性

②キャンプ用品を上手に収納するポイント3つ

③収納する際の注意点

見出しが整ったら記事の骨格が完成しますので、あとは見出しに沿って記事を書いていきましょう。

最後に販促につながる文章を追加しよう

メディアECでは、ブログを読まれて終わりではなく購入につながることが重要です。そのため、ブログ記事の最後には購入につながるようなキャンペーンページや商品ページへのリンクを追加し、サイト全体への回遊を促しましょう。

ブログやSNSの更新をサポート

コンテンツの更新は短期的に効果の出る施策ではないため、長期的に継続することが大切です。

しかし、運用を行う担当者様は、商品登録や受注処理、ささげ業務などその仕事は多岐に渡り、大変忙しいのが現実です。そのため、ブログやSNSを更新する暇がない、というお話もよくお聞きします。

そこでmonomodeでは、そういった運用担当者様の忙しさを考慮し、企画のお手伝いや更新代行もサポートしておりますので、ぜひ運用にお困りの場合は、お気軽にご相談ください。

monomodeリクルートサイト
AD JOURNAL